top of page

(令和5年度)苗達のお話

更新日:1月10日

先日の記事で、2度目の苗作りについてご紹介をしました。


その時に、スイカより数日前に蒔いていたとお伝えしていた干ぴょう達ですが、朝から様子を見てみると、芽が出てきていまました。

スイカを支える縁の下の力持ち達です。

スイカの方は、まだ少し時間がかかりそうですね。



こちらは1度目の苗達です。



かなりしっかりしてきました。このまますくすくと成長して欲しいですね。



今日は別のハウスのトンネルの設置をします。

が、作業に集中してしまい、写真を取り忘れていました。

すみません。


そして、作業が終わって帰ってくると、何やら苗達の様子に変化が。

まずは干ぴょうですが、太陽がしっかりと照ってくれたお陰で次々に芽が出てきていました。照りすぎて少し苗床が乾燥していますね。



そして、見えますか?



スイカの芽が出てきていました。



苗床は、低温対策を何重にもしている小さなハウスにあります。

そのため、少し太陽が照るだけで温度は一気に上昇しますし、曇って風が吹くとすぐに温度が下がり過ぎてしまいます。

苗達が元気に育ってくれるのも、温度管理をしっかりしてくれるお母さんのお陰です。

また、夜中にはお父さんも苗床が冷え過ぎていないかを確認し、必要ならば暖房をかけてあげます。


そんな二人に見守られながら、苗達はぬくぬくと過ごしているのでした。


次回へ続きます。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

注文受付の締め切りについて

今年も沢山のご注文をいただきありがとうございました。 お陰様で5月17日(金)を持ちまして、オンラインでのスイカのご注文を全て締め切らせていただく事となりました。 現在ご注文いただいておりますお客様の金色羅皇につきましては、順次収穫より発送させていただきますので、お手元へお届けできるまで今しばらくお待ち下さい。

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page